So-net無料ブログ作成
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
前の5件 | -

糸の切れたマリオネット [雑談]

プツン

はっきりと自分にはそう聴こえた
それ以来、全くやる気が起きないのに、くだらないことで意気消沈している自分を見られて変な心配させないように空元気を出さなきゃいけないことにも、そして何より、職場の誰にも相談できないことが一番辛いです・・・

本来なら「心が折れた」と表現すべきことでしょうが、折れたというよりかは、今までピンと張っていた糸が切れてグシャっと地に落ちたマリオネットのような状態だったので、「糸の切れたマリオネット」という表現にしました

職場で起きたことで職場の人に相談できないからといっても、ずっと愚痴もいえずにしまい込んだままでは本当に自分がぶっ壊れそうなのでせめてブログには書いておきたいと思います

-----------------------------------------------

自分は小学校で特別支援教育支援員をしているのですが、今日は担任が宿泊訓練の引率で不在だったため、自分がメインで残った子たちの支援を行う日でした

行間休みに6年(Aくん)と4年(Bさん)が鬼ごっこからの「あんたが鬼だ!」「ちがう!そっちが鬼だ!」と喧嘩になり、それを別の6年(Cくん)が止めに入ったのですが収拾がつかず、「そんなにケンカがしたいならオレが相手になってやる!」と6年同士の喧嘩になり、Aくんの方が喧嘩に負けて泣き出しました

休み時間も終わって、結局、授業時間まで喧嘩の収拾が長引き、Aくんは交流授業で教室移動しなければならなかったのですが、Aくんのクールダウンも兼ねて話を聞きながら移動をしていました、そこで交流学級でのAくんの担任が「なんで一人で来ないの!いつも一人で来てるでしょ?先生も甘やかさないでください、やれば自分でもできるんだから!」と仰ったので「休み時間に喧嘩があってクールダウンのため自分がついていきました」といったのですが「それではAくんの自立にならない、べったりではなく、できることは自分でやらせて、もっと自立させることを考えてください」と言われて「あ、この人は特支に理解や配慮がないな」と思った瞬間から完全に糸が切れました

通常級の子の喧嘩と支援級の子の喧嘩は質が違うというかフォローの仕方が違うのです
ただでさえ感覚過敏で繊細な子たちなのに「喧嘩なんて日常茶飯事でそれを授業まで引きずるな」と言わんばかりのスタンスでAくんを叱るので自分にはその先生が理解不足だと感じました

本音をいえば、大変だった喧嘩を終わらせようやくクールダウンできてさあ授業行くぞ!という気持ちの切り替えをしていたのに、それをいとも簡単にぶち壊してくれたので、怒りを通り越して疲れがどっと出て無気力感に襲われた、という感じでした

ホントはAくんが心配だったからせめて教室まではついて行こうと思ってたのですが、「一人でできるから一人で行かせろ」というので途中から一人で教室移動させました

「自分の支援のやり方は間違っていたのか」
「あの時どうすれば喧嘩を収拾できただろうか」
「じゃあアンタならさぞかし立派にAくんを自立させてくれるんだろうな」
「こんなことでいちいち凹んでる自分がバカバカしい」
「もうなんか一気につかれた」

自クラスに戻る途中でいろんなことが頭の中に浮かんでいました
しかし結局は、自分がバカバカしいという気持ちで吹っ切れて、これ以上みんなに変な心配や余計な散策をさせたくなかったので、なんともないフリをして過ごしていました

ほかの支援級の先生や教頭先生等に相談しようにも、他の先生(つまり自分たちの同僚)のことをいうのは嫌だったのですが、誰かには聞いてほしい、このなんともいえない無力感というかどうすることがよかったのか・・・

明日もまたなにごともなかったかのように自分と他人に嘘をつかないといけないのがかなしい、本当にかなしい・・・
かなしいけどこれが現状

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

レイアウトが崩れる? [雑談]

だいぶ前から気になっていたんですが、ブログの記事のレイアウト(というか文字)が崩れてませんか?

ところどころ文字が抜けてるんですよね

編集画面ではちゃんと文字抜けもなく正常なのに、投稿された記事を見てみると文字が抜けてる・・・

今まで使ってたマリーンズのテンプレートだと幅が狭いのかな?と思ってワイドのテンプレートに変更してみたんですが文字抜けのまま・・・

う~ん、謎だ・・・
バグ?
それにしても結構前から崩れてた気がするけどなぁ~?

しばらくワイド幅のテンプレートにしてみて問題なければまたマリーンズのテンプレートにもどそう
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

誕生日のできごと [雑談]

ご無沙汰しております

先日(9月5日)、25歳の誕生日を迎えました

家族や友人、職場の先生方をはじめ、Twitterやゲーム内メッセージ等でもたくさんの方からお祝いをいただきました、この場をお借りして厚く御礼申し上げます、本当にありがとうございました!

さて、誕生日の時のエピソードですが、職場にて同い年で同期の先生が終礼時に「今日はsey8nn先生とその嫁の誕生日です!みなさん拍手~!!」と紹介したのですが、当然、他の先生方は『その嫁』が北条加蓮のことであり実在する人物ではないということを知らないので、sey8nnにはリアル嫁がいる と変な誤解をし、「嫁さんとWで誕生日なのか!それはWでめでたい!」「嫁さんと仲良く食べてね!」とそれぞれお菓子などをわざわざ2つずつくれたのですが、「嫁は嫁でもリアル嫁ではなく、二次嫁の方です!」というタイミングを逃し、みんながお祝いムードの中ものすごく複雑な気持ちでしたw

その一方で確信犯の同期の先生は北条加蓮が二次嫁だと知っていているのでずっと傍からニヤニヤしながら見守っていましたw

なんだかんだありましたがとても充実した一日を過ごせました
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

転勤 [雑談]

ご無沙汰しております
この記事のタイトル通り、新年度より新しい学校への転勤となりました

これまで日本語指導をしていた学校の校長先生から「先生のおかげで(担当児童の)日本語によるコミュニケーションが出来るようになったし、クラス支援においても授業中の離席や休み時間のケンカも減少した。これから最高学年として彼らは自立していかなければならないため、支援の打ち切りをお願いしたい」という話があり、4月4日の着任式及び研修会において教育委員会より正式な転勤先の通知をいただきました

5年生からの持ち上がりで卒業を見送ってあげたかった気持ちもありますが、新しい学校でも自分の役割をしっかりとこなしていきたいと思います

新年を迎えて [雑談]

ご無沙汰しております

皆様お元気で新年をお迎えのことと存じます

まだまだ寒い日が続いておりますのでお身体にはどうか気をつけてお過ごしください

----------------------------------------------------------------

さて、新年を迎えて、今年の抱負を述べたいと思います

『一歩、また一歩前進』です

昨年は、8月に約1年勤めた100円ショップを退社し、本採用試験期間が過ぎていたので臨時採用試験ではありますが、無事に合格し、9月から長年の夢でもあった学校教育に小学校教育支援員として携わることができました

昨年は教育支援員としての一歩を踏み出せましたので、今年からはそこからさらに一歩踏み出すために、小学校教諭第2種免状取得のため、大学の通信教育課程で勉強していきたいと思っています

元々、自分は中学・高校の教諭第1種免状(英語)を持っていました、しかし、小学校教諭の免状は持っていませんでした

ですので、採用試験を受けるにあたって、試験の管轄をしていた市役所の学校教育課の方に「持っている免状の業種が違うが受験資格はあるのか?」と相談してみたところ、「持っている免状の種類は違っていても教育支援活動は行うことが出来る、ただし、小学校教諭ではないため実際に教壇に立って授業をしたり担任を持ってホームルームをすることが出来ない」とのことでした

また、面接試験にあたっては「あなたの場合は通常の中学・高校の教育実習に加え特別支援学校でも教育実習をなさっているし、卒論のテーマが障がい者教育ということもあって、知識と経験値の両方がある、これはとてもプラスになる、ぜひとも(採用試験を)受けるべきだ」と後押ししてくださったこともあり、受験に対する不安を払拭し、無事に合格することができました

そして、現在は臨時採用という身軽さを活かして小学校を2校兼務でそれぞれの学校にあった支援活動を行っています

1校では前職で培った英語コミュニケーション能力と自身の英語教員免許を活かして、外国籍の児童に対する日本語指導を行い、もう1校では同じく自身の英語能力を活かして外国籍の保護者に対する学級懇談や保護者面談時の通訳の仕事を重点的に任されています

もちろんそれ以外にも各学級で教育支援が必要な児童に対するアセスメント(たとえば板書が難しい子には「めあて」や「まとめ」等の重要な所のみを本人に書いてもらい本文は代筆したり、漢字が読めずに音読や板書が難しい外国籍の子には教科書にルビをふったり板書を全てひらがなで書きおこしたものを用意してそれを書き写してもらうなど)を行っています

2校兼務なので週5日を3日と2日でわけて通っているため週2日しか行けていない学校の子たちからは「レアキャラ先生」と呼ばれていますw

----------------------------------------------------------------

中高生時代は「世界史が好きで世界の文化を調べるんなら英語もやらなきゃ」というどちらかというと英語はオマケみたいな感じで勉強していたことが、大学生になって英語の教員免許を取り、社会人になってから接客で使うようになり、さらには学校現場で学校と保護者の通訳をするという、自身の仕事の核心部を担う存在にまでなってしまいました(苦笑)

その点が自分が英語を勉強していてよかった、と言えることです
そして、今、自分のこの「英語を勉強していてよかった」という経験を、子どもたちにも味わってもらいたいので、新たに小学校教諭の免状も取得したいのです

近年では小学校における「英語の科目化・英語の必修化」が推し進められていますが、実際の現場では小学校教諭で英語の免許を持つ先生はほとんどいないに等しく、小学校の外国語活動(英語)の授業では、外部講師という形で英語の免許をもつ方を呼んでALT補助というのが現状です

ですので、まだまだ試行期間中で制度が本格化される前に小学校教諭の免状を習得し小学校の英語の先生という新しい一歩を踏み出すための一歩として(なんか回りくどい・・・)今年は、通信課程教育を受けることにしました
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。